Remarks


Article URL

RGSSでIMEで文字入力をする

昔のコンテンツの発掘品です
使うことがあるのかよくわかりませんがどこにもないようなものなのでどこかにあると良いかもしれないと思い
使用については完全にフリーですが保証とかもしません

input.txt

スクリプトをMainより上に追加します
$game_system.input を呼び出すとウィンドウが出現、返り値として入力された名前が取得できます
引数に文字列を入れるとデフォルトで文字列が入ります
自作のメニューやキャラメイク画面で呼び出したり、イベントコマンドのスクリプトで
name = $game_actors[1].name
$game_actors[1].name = $game_system.input(name)
とかやると良いと思います

remark-7-01.png
Article URL

Remarksの検索機能を作るにあたって、タグの中は引っ掛けないみたいなことがしたかった

だいぶ色々上手く行かない方法を試したけど、結局 preg_split で /(<.*?>)/ で分割、PREG_SPLIT_DELIM_CAPTURE を指定でデリミタも配列に入れる、でタグ部分とタグ部分じゃないところを分けることができた

Article URL

ヘッダーの背景とバナーを新しくしました
バナーの@2x画像ってあまり聞かねえな?誰が使うんだ?

HEROIC VERSEが出てからマゼンタ的な色すごく好きなので、これまでのサイバーブルーにマゼンタを取り入れました

Article URL

TwitterのbotをPHPで動かしてたのをnode.jsに移植した
ちゃんとしたプログラマーみたいなことができてて俺も成長したなあって感じ

Article URL

実はUpdate Logに書いてない更新は年に何回かあった
ちょっとした調整って感じの更新だけど

昨日今日は割と大きめの更新をした、Remarksができたのもそうだし、新しいファビコン、Othersも作り直した
jubeat score sorterも過去の画像や文を再公開した、大回顧展じゃん
jubeat score sorter自体のアップデートもしたいなあとは思う

後の消えちゃってんじゃん系はスターにゃんbotの説明書ページくらいかなあ、あれリンク張られてるし404って出ちゃってるのは直したいし

Article URL

.htaccessを書いてBASIC認証をかけるのに、Qiitaとか見たりして同じ感じにしてもずっと500エラー出ちゃって困ってた

Apacheの公式Doc見たらすぐ解決した、やはり公式Docが正義

解説書とか読んで勉強したくない理由の15割こういうとこなんだよな

Article URL

Remarksとはなんぞや
1年くらい何もないコンテンツだった謎のやつ
こういう雑記的なやつを作る予定地だった