Discography
購入方法について
DL版を購入する
BOOTHのシステムを使用しています。表示金額は税込みです。
クレジットカード、銀行決済、コンビニ払いに対応しています。詳しくはこちら
CD版をイベントで購入する
トップページでイベント参加予定をご確認ください。
CD版を通販で購入する
BOOTHのシステムを使用しています。表示金額は税込み、送料を含んだ金額です。
クレジットカード、銀行決済、コンビニ払いに対応しています。詳しくはこちら
注文確定から到着まで1週間ほどだと思います。

Genesys

Genesys

/ DJ SQUARE
リリース2012/05/08
価格DL版/CD版(イベント): \500
CD版(通販): \600

購入(DL版/CD版) Trial Edition購入(DL版)

DL版のみ、5曲を抜き出したお試し版を\150で販売しています。
(DOMINANCE DRIVE、Infinite Growth表題曲をおまけで収録)
差額の\350で残りの9曲を買うこともできます。

"光"がテーマのコンセプトアルバム。
朝焼けや星の輝きのような天然の光から
街の明かり、レーザー兵器のような科学の光、
更には創世の光まで、様々な形で光をイメージし、
4つ打ちトランス・テクノは勿論バラード系フュージョンまで
様々なジャンルで描き出した充実のラインナップ!

TRACK LIST.
01. Genesys
02. Fiat Lux!! (New Genesys) (from Cardinal Red)
03. Silver Lining
04. Sunshine Dance (Genesys Edition)
05. Moonlight Dance (Extended)
06. Starlight Glitter
07. Party Twilight
08. Sunlight Eater (Tree Filtered Mix) (from Cardinal Red)
09. travideblaser
10. GLORY (Genesys Edition)
11. 風の歌 (luminary remix 2012)
12. Starlight Dream (Powerful Medicine Mix) (from だるふぁいと! -Impatients Dream Battle-)
13. Lighter than Light
14. BLACK HOLE
LINER NOTES.

アルバム全体

  • テーマは「光」
  • 「創世神ジェネシスに導かれ様々な光を巡る」的なバックストーリーがあった。

ジャケットイメージ

  • 光が生まれる→新星のイメージ
  • 左側の二重螺旋はもちろんDNA。
  • 左下の正方形はライフゲームのイメージ。

01. Genesys

  • 新曲。ジャンルは「EPIC INDUSTRIAL」
    • EPIC TRANCE + INDUSTRIAL
  • 「創世神ジェネシス」というイメージキャラを軸に制作。秩序と法則を司り、創世の時から存在すると言われる。的な。
  • 曲名は創世記(Genesis)と遺伝子システム(Gene sys)から。被りまくりネーミング。
  • キックはエピックなのとインダストリアルなのを混ぜて使った。
  • どこかで聞いたようなSEは差し替えるべきかなーとか思ってたら忘れてそのままリリースしてしまった。

02. Fiat Lux!! (New Genesys)

  • Cardinal Red タイトル曲のアレンジ。
  • ジャンルは「REQUIEM TRANCE」、原曲では「REQUIEM」
  • 曲名は、なんかフィーリング…?(うろ覚え)
  • Mix名もたしかフィーリング。
  • 曲の終わり方は同作品のゲームオーバー曲から。

03. Silver Lining

  • 新曲。ジャンルは「HAPPY HARDCORE」
  • 名前に☆の付いた人リスペクト。
  • 曲名は、「Every cloud has a silver lining.」ということわざから。

04. Sunshine Dance (Genesys Edition)

  • オリジナル曲「Sunshine Dance」のアレンジ。
  • ジャンルは「HAPPY HARDCORE」。ハッピーなのを作るべく作った。
  • なので、アルバム版は更にハッピーに。
  • 声ネタは「Get up and dance!」を刻んで使ってる。

05. Moonlight Dance (Extended)

  • オリジナル曲「Moonlight Dance」のほぼそのままExtendしたバージョン。
  • ジャンルは「J-TECHNO」。星天月花といい和風っぽいのにJ-って付けてるけどそんな使い方する接頭辞だっけ。
  • 曲名は太陽(Sunshine Dance)と対比して、月のような柔らかい光をイメージ。
  • KORG M01で全てを制作。 なのでずっとコンコン鳴ってんのはクラベス。似たような物だし良いっしょ。

06. Starlight Glitter

  • 原曲はご存知の通り「きらきら星」、でもアルバム新曲。
  • ジャンルは「HARD DANCE」
  • どこぞの会社が採用試験にきらきら星をアレンジさせるという噂を聞いて作ってみた。どこだか忘れたけど。なので作ったのがGenesysより早い。

07. Party Twilight

  • 新曲。でもだるふぁいと!の未使用曲が原型。
  • 前半がRAVE、後半がTRANCE。公称ジャンルは迷ったけど「HI-NRG」で。
    • ライナーノーツ公開から7ヶ月くらいジャンル名をNU-NRGに誤植してた。NU-NRGのが好きだからかな…
  • 声ネタは言うまでもないが「It's Party Time!」

08. Sunlight Eater (Tree Filtered Mix)

  • Cardinal Red 東遺跡のフィールド曲のアレンジ。
    • 東遺跡は「植物と太陽の遺跡」
  • ジャンルは「FILTER TRANCE」
  • 曲名は、森が太陽の光を遮って鬱蒼とした空間を作るイメージから。
  • Mix名は木漏れ日とエフェクターのフィルターの引っ掛け。ほぼ全ての音にローパスフィルターが掛かってる。

09. travideblaser

  • 新曲。ジャンルは「TECH TRANCE」
  • 曲名は「透明なレーザー」という意味の造語。
    • travidebla(エスペラント語で透明)+laser(レーザー)
  • 科学技術によってもたらされる光がテーマ。不可視のレーザー砲を搭載した戦闘機のアクションシーンをイメージ。

10. GLORY (Genesys Edition)

  • 過去のオリジナル曲「GLORY (Piano 4)」をリメイク。
  • ジャンルは「BALLAD FUSION」
  • 曲名は朝焼け(Morning Glow)をイメージして作ったはずが、アサガオ(Morning Glory)と混じった感。ニュアンスそこまで間違ってないから良いんだ。良いんだ。
  • リードシンセは打ち込みじゃなくキーボード弾いてる。フュージョンらしいアドリブ部もわりとアドリブで弾いたけど、何テイクも弾いた。

11. 風の歌 (luminary remix 2012)

  • オリジナル曲「風の歌 (luminary remix)」のアルバム版。
    • 更に原曲は「風の歌」というジャンル「NATURE」を関した最初の作品。
  • ジャンルは「NATURE BEAT」、8ビートアレンジだから。
  • 曲名はなんかフィーリング。プロジェクト名がwindtalksなので風と対話するみたいなイメージがあったんだと思う。
  • Mix名はベルの音がきらきらしてたとかそんな理由だった気がする。
  • この曲もキーボードで弾いた。

12. Starlight Dream (Powerful Medicine Mix)

  • だるふぁいと! -Impatients Dream Battle-より、戦闘曲のリミックス。
    • リズム隊が4つ打ちになり、シンセが全面に出たバージョンに。
    • 原曲は、操作可能キャラになる予定のあった榎町鈴乃のテーマとして制作。
  • ジャンルは原曲と同じ「HEALING」、 でも一般的なヒーリングミュージックではない。
  • 曲名はNormalize Human Communicationのラストシーン辺りの星空の描写から。プレイしてない人のために詳しくは言うまい。
  • Mix名は同作品の仮タイトルから。劇薬の意味。このMix名が付いた理由はなんとなくだったと思う。

13. Lighter than Light

  • 新曲。 3連ノリのハードコア。ジャンルは「HARDCORE」
  • 声ネタは曲名まんま「Lighter than Light」。合成音声を加工した。

14. BLACK HOLE

  • 新曲、と言いつつ1曲目「Genesys」のリプライズ。
  • ジャンル名は「EPIC CORE」
  • 「光が終わる」というイメージで、RPGのラストダンジョンっぽい感じを意識。
  • 曲名を「Genesys」に対し「Apocalypsys」にする案もあったが、宗教っぽくなるのと重くなりすぎるのを避ける為没った。
↑Back to Top

DOMINANCE DRIVE

DOMINANCE DRIVE

/ DJ SQUARE
リリース2013/08/12
価格DL版/CD版(イベント): \500
CD版(通販): \600

購入(DL版/CD版)

"闘争"がテーマのコンセプトアルバム。
火薬と血の臭いの戦場から電脳空間のサイバー戦闘まで、
特殊部隊所属のウサギや神に挑んだ若者など
個性豊かなイメージキャラクターたちが演出する、
ハードロックやハードコアをメインにした激しい世界観に
熱くなれる事間違いなしの14トラック!

TRACK LIST.
01. DOMINANCE DRIVE
02. 戦いの宵明け (DD Edition) (from だるふぁいと! -Impatients Dream Battle-)
03. On Your Mark!
04. BUNNY PLATOON (Hardcore Type: All Quiet)
05. WORLD TECHNOLOGICAL
06. BEAT THE BLOOD (DD Edition) (from Cardinal Red)
07. Cookie Fighter -Hard Revenge- (from KLONDIKE -Evolution Theory-)
08. Fight against the Fate! (DD Edition)
09. THE OVERDRIVEN - Song by THE OVERDRIVEN
10. 炎塵神楽
11. THE TOMAHAWK 2013
12. Magnum Blues
13. DOMINANCE DRIVE -Another-
14. Requiescat in Resonance
LINER NOTES.

アルバム全体

ジャケットイメージ

  • 死体の山の上に座る人物(戦神ドミナンス)。背景は火の海。
    • 死体の山は食物連鎖のピラミッドをイメージ。きっとあくまでイメージ。
    • 人物の向かって右側には、蛮刀というか、マチェット的なの。
    • 人物の頭部はライオンをイメージ。半獣の姿を持つ神様っているし、捕食者のイメージで。
  • 文字はiPadで手書き。

01. DOMINANCE DRIVE

  • 新曲。ジャンルは「HARDCORE」
  • 曲名は「優越、支配への欲動」の意味。前作に引き続き遺伝子がどうとかいう裏テーマが。
  • 前作に倣いイメージキャラ「戦神ドミナンス」を設定。人間から腕っ節で神に成り上がった。

02. 戦いの宵明け (DD Edition)

  • だるふぁいと! -Impatients Dream Battle- OPムービーより。
  • ジャンルは「HARD ROCK」
  • 曲名は「たたかいのよあけ」
    • 宵明けと書いてよあけと読むのはむきりょくかん。イベントの宵明祭より。
  • 「これから戦うぞ的な格好良いの」みたいな発注を受け、ライブの1曲目のイメージで制作。
  • 一応、サントラ版よりエフェクトが増してる。

03. On Your Mark!

  • キャラを作ってもらいそれに曲を付けるコラボとして制作。
    • デザイナーはリカオン(@K_LYCAON)。アルバムのコンセプト「闘争」だけ伝えて自由にデザインしてもらった。
    • キャラに曲を付けるのはpop'n musicのイメージ。基本的に曲が先だが、キャラ先行の曲も少なくない。
  • イメージキャラは「Wayn(ウェイン)」、ウサギ軍人。
    • 元ネタ同様にプロフィールが存在する。
  • 曲名は「位置について!」の意味。
  • ジャンルは「FREEFORM HARDCORE」、フリーランニングのイメージから。
  • 声ネタは、時間もお金もなかったので、フリー素材のサイトから、卑猥なリリックじゃなくて使えそうなのをチョイスして倍回しした。
    • Been tryin' so hard
      Just make up your mind
      Do you want another chance?
      You can hear this if you're blind

      I don't think I'm alive
      And when I try to see the joy
      All I find is my mind
      It sleeps for all time

      Rattle and hum
      Like an electric wine
      Breaking your fall
      And leave you unkind

      Tomorrow will come
      With all the divide
      Between lovers and fate
      That will break from your kind

Wayn
🎁 9月30日
🏠 アメリカ・ノースカロライナ州
🍀 パルクール、動きやすくてカッコイイ靴の蒐集
💕 体を動かすこと、にんじんケーキ
💧 しつこい奴、退屈
Collaborator's Comment:

「去年の夏のあれやこれやにキャラコメなどあったら欲しい所」
とのお達しをSQUAREくんから頂きました。はじめましてリカオンです。

コメントよろのコメントは以前にも頂いたのだけれども
実を言うと当時の事が思い出せないので調べたところ
2012年の年末には今回描かせていただいたキャラクターは出来ていた様子。

記憶朧げながら「戦う」とか「バトル」とかをテーマとして
「戦うと言えば軍人だなあ」とか
「無重力よろしくぴょんぴょん飛び回ると格好良いからうさぎだなあ」とか
米軍のWikiを流し読みしながら諸々嗜好を詰め込んで
最後にSQUAREくんの好きそうなサイバーさ密やかにこめて誕生となったような気がします。
あと資料用だからと用意したCAT SHIT ONEのDVDはうさぎかわいいなあとなり
本人的には資料にはなりませんでしたとさ。

少しだけでもウェインを気に入ってくれたら嬉しいですし
SQUAREくんには良い機会をくれてありがとうですし
またいつか、なにかチラッと手伝いが出来たら幸いです。

(リカオン)

04. BUNNY PLATOON (Hardcore Type: All Quiet)

  • オリジナル曲「BUNNY PLATOON」「BUNNY PLATOON (Hardcore Type-Re:Assault)」に続く3つ目のバージョン。
  • 曲名はY.E.T.の小道具に使われた「ウサミミ」から。
  • ジャンルは「HARDCORE」
  • 曲中の電動ガンの音はY.E.T.の際録音された物。
    • 特に関係ないがサバゲの後カラオケに行き意識が遠のいて行くとスネアロールがフルオートの発砲音に聞こえてくる。

05. WORLD TECHNOLOGICAL

  • 新曲。でも作ったのは結構昔。ジャンルは「TECHNO」
  • 電脳空間でバトル、的なリクエストで作った覚えが。少なくともバトルではあるはず。

06. BEAT THE BLOOD (DD Edition)

  • Cardinal Red 戦闘曲のアレンジ。
  • ジャンルは「HARD ROCK」
  • 曲名は、戦うイメージからBEAT、そして調子良く頭韻を踏んでTHE BLOOD。
  • すぐに終わる戦闘から長めの戦闘まで対応するように、展開を盛り込んだ。早弾きギターに入ったら強敵の印。
  • 曲の終わり方は戦闘勝利BGMから。

07. Cookie Fighter -Hard Revenge-

  • KLONDIKE(未公開作品)の戦闘曲のアレンジ。
  • ジャンルは「BIG BEAT」
  • 曲名はなんかサクサクした感じだから。

08. Fight against the Fate! (DD Edition)

  • タイトルも決まらぬままエターナった作品のボス戦闘曲のアレンジ。
  • ジャンルは「HARD FUSION」
  • イントロはロックマンX的な、WARNINGとゲージ演出のイメージ。

09. THE OVERDRIVEN

  • 曲名と同名のアーティスト名「THE OVERDRIVEN」は、Lyserk Acid(Web Site)とSQUAREのコラボ名義。
    • 同人CDを作ってるよしみでコラボをお願いしてみた。ポップな作風が得意で、この曲ではメロディラインや展開の流れに現れている。逆に、トランス的な部分はSQUARE担当。
    • 「オーバードライブしたやつ(やつら)」の意味。ユニット名を格好良さげなエフェクターの名前から取ろう、という事になって決まった。
  • 曲のプロトタイプをLyserkに作ってもらって、SQUAREがパートやフレーズの追加・音作りして完成させた。
    • 方向性については、アルバムのコンセプト「闘争」だけ伝えて丸投げした。
    • プロトタイプよりかなり早回しになってる。それは送られてくる前から決めてた。
  • ジャンルは「DnB FUSION」
Collaborator's Comment:

OVERDRIVENってことで、熱くて壮大な感覚をイメージして書きました。
立ち上がる勇者的な?幕開け的な??心の中から熱くなってくる的な???
そんな感じで、個人的にオープニングテーマっぽいかなと思ってみたり!

原曲持ってきたときにポップすぎてこれでいいのかなと思ったけど、
SQUAREさんのアレンジと組み合わさるうちに、いい感じに激しさも加わってました。
結果オーライになったかなって思います。
また機会があればコラボレーションぜひとも!
今回はどうもありがとうございました。

(Lyserk Acid)

10. 炎塵神楽

  • 新曲。ジャンルは「J-TRIBAL HARDCORE」
  • 曲名は「えんじんかぐら」。サビができたら神楽という単語を思い付いた。炎塵についてはオリジナルの造語。
  • 和風で激しめのやつをと制作。
  • 人間時代の戦神ドミナンスが、荒神を倒し神になる戦い、をイメージした。
  • 締め切り前1週間くらいで慌ただしく作った思い出。

11. THE TOMAHAWK 2013

  • オリジナル曲「THE TOMAHAWK」のアルバム版。
  • 丑年になるから牛っぽい曲を書こうといって生まれた曲。
    • 牛→ミノタウロス→斧→トマホーク→インディアン→バッファロー→牛という連想。
    • 最初のカウベルももちろん牛要素。
  • アーティスト名は「Taurus」、SQUAREの変名義。
    • 意味は「雄牛」。読みはラテン語式にタウルス。
  • ジャンルは「NATIVE HARDCORE」
  • インディアンフルートとかいう笛があるらしいのでそのサウンドフォント使ってる。

12. Magnum Blues

  • 新曲。ジャンルは「BREAKBEATS」
  • 曲名の元ネタはDuel Mastersのクリーチャー「炎獣兵マグナム・ブルース」から。イラストとフレーバーテキストが好きだった。
  • 戦争が日常なイメージ。赤だし。中盤で仲間が死んで、怒りに燃えて敵を少しでも多く殺そうとするんだけど、たぶん最後の銃声で死んだ。そんな感じ。
  • 別にジャンルがブルースなわけではない。

13. DOMINANCE DRIVE -Another-

  • 新曲。DOMINANCE DRIVEが2曲あっても同時に出たバージョン違いだから新曲。
  • ジャンルは「DRUM & BASS」
  • 最初と最後をDOMINANCE DRIVEで囲む事で終わらない戦いを表現、とかそんな。
    • もっと似たようなMixにする予定が気付いたら結構違ってた。
  • Anotherはbeatmaniaの用語から。昔は曲が変わっていたのだ。

14. Requiescat in Resonance

  • オリジナル曲「Requiescat」のアレンジ。
    • 過去に別のアレンジとして「Requiescat ~astral flow mix~」がある。
  • ジャンルは「HEALING」
  • 曲名は「鎮魂の祈り」の意味。
  • Mix名の元ネタはロックマンゼロのアコースティックアレンジアルバム「響命 -Resonant Vie-」より。
  • 戦いの後の休息のイメージ。また次の戦いが待っていたとしても。
↑Back to Top

Infinite Growth

Infinite Growth

/ DJ SQUARE
リリース2014/08/17
価格DL版/CD版(イベント): \500
CD版(通販): \600

購入(DL/CD版)

"調和"がテーマのコンセプトアルバム。
原始の森から砂漠や荒野、楽園の記憶まで、
自然や生命、成長というモチーフを通して、
拡大し続ける自然と人間のストーリーを
ワールドミュージックとダンスミュージックの
調和によって描き出したスペクタクル!

TRACK LIST.
01. Infinite Growth
02. Realization of Naturality
03. 森羅永劫
04. Deep Forest (Infinite Edition)
05. Wandering into the Woods (Rampant Mix)
06. Woodfield Fertility (SYMPHONIC TRANCE MIX) (from KLONDIKE -Evolution Theory-)
07. natural selection
08. Sandstorm Sterility (DESERT ROCK MIX) (from KLONDIKE -Evolution Theory-)
09. Force of Nature (Infinite Edition)
10. Back to Nature
11. Garden of Eden
12. Wind through the World (Infinite Edition)
13. WORLD UNLIMITED -still remain-
14. over growth
BONUS TRACK. 星天月花 (from だるふぁいと! -Impatients Dream Battle-)
LINER NOTES.

アルバム全体

  • Genesys、DOMINANCE DRIVEの流れを汲むコンセプトアルバム。
  • テーマは「調和」

ジャケットイメージ

  • ライフゲームをイメージした正方形パターンに、自然的テクスチャ。

01. Infinite Growth

  • 新曲。前2作と変化を付けて、ジャケットと一緒にイメチェンして長調になった。ジャンルは「MINIMAL ELECTRONIC」
  • Infinite Growthは、ライフゲームにおける無限に拡大し続けるパターン、「繁殖型」のこと。
  • DOMINANCE DRIVEと対照的に、感情的でない様をコードの動かなさで表現。
  • シンバルの感じとかMusic Plot Type Zeroまんまだなって思う。

02. Realization of Naturality

  • 新曲。ジャンルは「FREEFORM DRUMSTEP」
    • FREEFORM HARDCORE + DRUMSTEP
  • 赤から緑への導入の曲。前作収録曲「On Your Mark!」のイメージキャラ、ウェインをイメージした曲第2弾。
  • 広大な自然の中で、文明は意味をなさず人はただの動物であるのだ的な感じ。ウサギだけど。
  • On Your Mark!もだけど適度に高難易度になるような音を入れてる感じ。

03. 森羅永劫

  • 前作「炎塵神楽」に続く、ハード和風トラック。ジャンルは「J-TRIBAL DANCE」
  • 「森羅」は樹木が(無数に)茂り連なること、「永劫」は無限に長い年月のこと。両方とも無限のモチーフであり、「Infinite Growth」の和風表現っぽい感じ。
  • 今回は「地」属性のイメージ。地から生じ、地の上で育ち、地に還るイメージ。

04. Deep Forest (Infinite Edition)

  • オリジナル曲「Deep Forest」のアレンジ。ジャンルは「NATURE」
  • 未開の森をイメージした曲。

05. Wandering into the Woods (Rampant Mix)

  • 名も無きアクションゲームより、森ステージのBGMのアレンジ。
  • BPMを原曲の120から140に引き上げ。「Rampant」は植物がはびこる様、意訳して「勢いがある」という感じ。

06. Woodfield Fertility (SYMPHONIC TRANCE MIX)

  • KLONDIKE(未公開作品)より、森の街ウッドランドのBGMのアレンジ。
  • Sandstorm Sterilityと対になるように、曲名も、アレンジ方向性も設定。

07. natural selection

  • アルバムの流れを変える幕間的な曲。この曲を境に、自然は違った顔を見せる。

08. Sandstorm Sterility (DESERT ROCK MIX)

  • KLONDIKE(未公開作品)より、砂の街サンドランドのBGMのアレンジ。ジャンルは「DESERT ROCK」
  • こういうジャンルが個人的に来てたから作った。きっかけはWasteland / James Taplinだった。

09. Force of Nature (Infinite Edition)

  • オリジナル曲「Force of Nature」アレンジ。原曲にわりと忠実。
  • ジャンルは「NATURE」
  • なんかこう、人間にはどうにもできない自然の大いなる力とかそんなイメージだったはず。
  • 珍しくシャープやらフラットがいっぱい付く曲。どうでも良いけど。

10. Back to Nature

  • 新曲。ジャンルは「NATURE」
  • 新曲でNATURE系は意図的に避けていたのだけど、最後1枠までNATURE系を新しく作らなかったので、1曲くらいはとForce of Natureとかの流れを汲んだ曲を制作。
  • 曲名はフィーリング。

11. Garden of Eden

  • 新曲。ジャンルは「ANTHEM TRANCE」
  • 曲名は「エデンの園」。ライフゲーム用語として、別の配置から派生しない不可逆的な配置のことを言う。
  • なんとなくジャンルとか曲のイメージとかがFabulous Party Anthemと被る気がする。
  • 元々1曲目のInfinite Growthにしようと思って作っていたが、結構展開する感じだったので別曲として完成させた。
  • この曲順にあるのは、戦いの最中に垣間見た遺伝子に刻まれた楽園の記憶、とかそんなふわっとした設定。

12. Wind through the World (Infinite Edition)

  • 名も無きアクションゲームより、荒野ステージのBGMのアレンジ。
  • ジャンルは「FOLKLORE」

13. WORLD UNLIMITED -still remain-

  • オリジナル曲「WORLD UNLIMITED」のアレンジ。ジャンルは「NATURE」
  • 原曲にあったテンポアップしてシンセとギターが入ってくる部分はカットされた。
  • 自然とその中にいる人間を俯瞰してみる感じのイメージ。

14. over growth

  • 恒例のタイトルチューンリプライズ枠。ジャンルは「HARD ELECTRIC」
  • 成長の果てにある滅びをイメージした曲。

BONUS TRACK. 星天月花

  • だるふぁいと! -Impatients Dream Battle- SOUNDTRACKからの再録。
  • この曲が神明みのりのイメージ曲である事から、ボーナストラックとして収録。
  • たぶん人気あるやつだし、打算的に入れたとも
↑Back to Top

だるふぁいと!

だるふぁいと! -Impatients Dream Battle- SOUNDTRACKS

/ DJ SQUARE
リリース2012/08/24
価格FREE DOWNLOAD

DOWNLOAD

むきりょくかん。二次創作ゲーム「だるふぁいと! -Impatients Dream Battle-」で使われた、
むきりょく作品をイメージしたキャラテーマBGMを含む全12曲+おまけ。
全曲アルバム用に作り直しました。

TRACK LIST.
01. 戦いの宵明け ~Ready for D-Fight~
02. Fabulous Party Anthem
03. Golden Stream
04. Easygoing Fight
05. Flight Of My Angel
06. WORLD ALTERNATIVE
07. 星天月花
08. Starlight Dream
09. Sweet Logic
10. sinking deep
11. Nostalgic Starry Field
12. Flight Of My Angel (Interlude)
13. WISH UPON A STAR
LINER NOTES.

使用素材

ジャケットイメージはOPムービーより。

01. 戦いの宵明け ~Ready for D-Fight~

[オープニング / HARD ROCK / BPM134]
  • 「おまけ」に収録されてるオープニングムービーの曲。掴みって事でライブの始まりをイメージ。

02. Fabulous Party Anthem

[未使用 / ANTHEM TRANCE / BPM152]
  • タイトル画面を想定して、だるふぁいと!のテーマ曲という意識で制作。
  • 作中の、夢が舞台の、キャラの集まるパーティーのような世界と、集まってしまった夢のように豪華な制作陣・ゲストの方々に送るアンセム。

03. Golden Stream

[タイトル画面 / ACID FUSION / BPM130]
  • 夏の開放感や高揚感をイメージした、そんな感じ。
  • 海のシーンがあるという事を聞いていたので、そんな気分で制作。結局戦闘BGMに専念する事になってADVシーンの曲は担当しなかったが。

04. Easygoing Fight

[未使用 / HI NRG / BPM130]
  • コンセプトはタイトル通り「お気楽戦闘」。
  • 戦闘曲にメジャー調の物が少ないと感じて制作末期にぱぱっと作った。
    • 製作時期とシナリオとの関係で未使用ですが、それなりに気に入ってます。

05. Flight Of My Angel

[戦闘BGM / EURO BEAT / BPM162]
  • 遠野有希のイメージ曲。コンセプトは「ハイテンションガール」。
    • ユーロビートしかないっしょ!と迷わず制作。最初に出来た曲。
    • 星空・雲空のイメージに加え、Flashのイメージも入れて。
  • 曲名のFlightは、飛翔と逃走のダブルミーニング。Angelは、有希の事でもあり、多奈の暗喩でもある。

06. WORLD ALTERNATIVE

[戦闘BGM / TRANCESTEP / BPM160]
  • 伊勢崎多奈のイメージ曲。コンセプトは「どうにもならない悲しみ」。
    • だるふぁいと。のストーリーから作られた曲。後付だけど副題の"Impatients"とリンク。
    • 有希を失った悲しみ、後悔、そして一筋の光。儚さと強さの共存するメロディー。

07. 星天月花

[戦闘BGM / J-TRANCE / BPM160]
  • 神明みのりのイメージ曲。コンセプトは、「戦う巫女」。
  • 和風テイストで行く事は決まっていたが、現在の和トランスになるまで紆余曲折。
  • みのりんといえば節制と某氏が主張するので、リズム隊のない部分を節制になぞらえ意識して制作。
  • タイトルは和紀さんに付けて頂きました。

08. Starlight Dream

[戦闘BGM / HEALING / BPM180]
  • 榎町鈴乃のイメージ曲。コンセプトは「癒し」。
    • 鈴乃に対する癒しというよりは、残された側視点の、鈴乃への鎮魂歌的な感じ。
  • 循環するノイズは、ぶつ切りにされた「ホワイトノイズ」。
  • リアルな心臓の音を使おうと思ってループ再生して精神にダメージ。バスドラムを使う。
  • ループすべきゲーム用音楽でありながら、もう戻ってこないという意味を込めて転調。
    • 狙ったわけではないが、有希の曲にもアルバム版で転調が。
  • アルバム版での終わり方は自分でもあざといと思う。

09. Sweet Logic

[戦闘BGM / TECHNO / BPM162]
  • 楠木遙のイメージ曲。コンセプトは「楠木遙の10日間」。
    • 「星のない空の下で」が推理物だったので、そんなテイスト。
    • 段々と盛り上がっていくテクノの作りに、ストーリーの流れがマッチしてると思う。
  • オケヒが入ってくる所は、机を叩いて指を突き付けて追求する系ゲームのイメージ。
  • 「素晴らしい論理」「飴玉のような(子供騙しの)論理」のダブルミーニング。

10. sinking deep

[戦闘BGM / SYMPHONIC BREAKS / BPM160]
  • 高城とうなのイメージ曲。コンセプトは「後悔と将来」。
    • とうな視点というのが難しく難産だった。
  • 暗い閉塞的なイメージと、そこにちょっとだけ光が差したイメージ。

11. Nostalgic Starry Field

[戦闘BGM / DREAM TRANCE / BPM132]
  • 和泉榛奈のイメージ曲。コンセプトは「郷愁の星の野」。
  • 二人が変わっても、星を見た場所は変わらない、みたいなイメージ。
  • ギターがミュートするのは原作に引っ掛け。

12. Flight Of My Angel (Interlude)

[未使用 / LOUNGE ELECTRONIC / BPM130]
  • Flight Of My Angelのアレンジ。
  • 最初はもっと軽いノリのストーリーを想定していて、ADVパート用のアレンジとして考えていた物。

13. WISH UPON A STAR

[ラストバトルBGM / INDUSTRIAL / BPM150]
  • 戦いの末、夢の終点。これもストーリーから生まれた曲。
  • 最後の戦いという事で、現実への回帰を表した力強さと、隠れた繊細さを織り込んだハードコア。
↑Back to Top

Others
Archive利用について
・クレジット表示義務 ・商用利用可 ・改変可
以上の条件で自由に使用する事ができます
Archives

・PIANO
QUARTZ - 水晶のような冷たさ、鋭さ、そして透明感。
CANTABILE - 「歌うように」軽やかなテンポの早い3拍子。
NIGHTMARE - ダークな感じのドラム入りピアノ曲。
GLORY - 朝日を受けて輝く、金色の情景。

・NATURE
風の歌 - 晩秋の風、哀愁の夕暮れ。
風の歌 (luminary remix) - 吹き荒べ風よ!ネイチャーとビートの融合。
Deep Forest - 深き森の奥、未開の地。植物達の、楽園の歌。
Force of Nature - 自然の脅威、それは普遍性。全てを飲み込む森のように、どこまでも広がっている。
Force of Nature (extended) - 自然は拡大し、大地を飲み込み、人は緑と青に還ってゆく。
japanese soul - 風が吹き水が流れ、日が昇り四季が巡る。宿るは日本の魂。
WORLD UNLIMITED - 終わりなんてない。制限なんてない。世界はどこまでも広がっている。
旅人の歌 '06 -Super Natural Mix- - そこは旅の始まりと終わりの場所。正統派ネイチャーポップス。

・TECHNO
fulgurant saver - 暗闇を照らす稲妻のような、クールでシャープなテクノナンバー。
DREAM WORLD - 幻想的なメロディは、どこか懐かしく。失った夢の積もる場所。ここは、夢の世界。
Love is Pathologic - I am always with you.
beyond_texture - 求める物は、テクスチャーの彼方に。Cybernetics Wyvernのコンセプトサウンド。
Requiescat - 冒険の果てには、神々の住まう聖域があった。
Requiescat -astral flow mix- - ゆるやかな音の波に乗ったブレイクビーツのグルーヴが、あなたを癒します。

・DANCE
Scratch of Xanadu - そこにはかつて楽園があった。残されているのは、ただ傷跡だけ。
Trans Trance - 哀愁的なユーロ風トランス。
27, november - 歴史は無い。でも、遙かな未来は無限に続いている。
27, november (tech-style mix) - またこの日がやってきた。どれだけ進んだだろうか。足跡だけが知っている。
Sunshine Dance - C'mon Everybody!つまらない事なんか全部忘れて、両手を上げて踊り明かそう!

・MISC
REINCARNATION - 輪廻は巡る。途切れる事のない、無情な音色を奏でながら。
Happy Sunny Day - たまにはこんなのも。ポップでサニーでハッピーです。
Casino Time! - カジノをイメージしたジャジーなクロスオーバーナンバー。
vespertide - 燃える夕日のような、哀愁のファンファーレ。
Ground Beat - 聞け、自然の叫びを。そして感じろ、大地の震えを。
BUNNY PLATOON - ウサミミか、死か。雨の中戦い抜いた戦士達へ。
Skyscraper - 高速キックのビートに神技ギターが絡む、限界に挑むブレイクコア!
THE TOMAHAWK - その調べは猛き牛の如く。高速BPMに乗せたギターが、眠る野性を呼び覚ます。